お金を借りる前に知っておくこと

消費者金融会社・カードローンからの借り入れ

●特徴 
消費者金融会社の借入れは、「キャッシング」と呼ばれたりすることがあります。消費者金融会社からの借入れは、使途に制限がなく、無担保・無保証で行われます。

銀行など他に金融機関からの借入れと比べると、審査内容がいくらか簡素化されていることや無人契約機を利用して店頭に行かなくても借入れができること、概して金利がやや高いこと、などが特徴です。

プロミスやアコムなど消費者金融会社は貸金業法に基づき、内閣総理大臣または都道府県知事に登録して業務を行っています。

また、平成22年6月18日から完全施行された改正貸金業法により、出資法の上限利息制限法が29.2%から20%に引き下げられました。

このため、従来あった利息制限法の上限金利(10万円未満上限年率20%)は超えるが、出資法の上限金利(当時年率29.2%)以内の「みなし弁済」制度(いわゆるグレーゾーン金利)の規定が撤廃されました。
 
また、過剰貸付を抑制する観点から、消費者金融会社に対して、総量規制(住宅ローン等を除き、総借入残高が年収の3分の1を超える個人顧客に対する貸付を原則禁止)と返済能力調査義務(①指定信用情報機関の信用情報を使用しなければならない②自社からの借入残高が50万円超となる貸付、または、総借入残高が100万円超となる貸付の場合には、年収等の資料を取得しなければならない等)が課せられました。

●借入条件 
借入条件の一例を挙げると、次のようになっています。
金利…年率18%
担保・保証人…無担保、無保証
借入限度…10~50万円
返済方法…返済期間は最長4年~5年、元利均等法式または元均等法式の毎月返済
審査資料…健康保険証または運転免許証など